最近住みたいと考えている新築の一軒家

2015年10月から消費税が10パーセントになる可能性があります。新築物件を検討されている方は注意が必要です。

最近住みたいと考えている新築の一軒家

消費税率10パーセントになる前の新築物件検討

最近住みたいと考えている新築の一軒家
今年4月、いよいよ増税となり消費税が5パーセントから8パーセントになりました。家を購入するとなるとこの3パーセントの差がかなり響いてきますから、駆け込み需要でマイホームを購入された方が増えたとニュースで見ました。前年より15パーセントほど購入者が増えたそうです。さらには2015年10月に消費税が10パーセントになる計画があります。こちらはまだ決定ではありませんし、今回の4月による増税での買い控え等で税収が思うように伸びなければ見送りになる可能性もあります。しかし、増税になる確立は高いと予測されています。

住宅メーカー選びから時間のかかる、新築物件で住宅購入を検討されている方は特に注意が必要です。中でも自由設計での物件購入では、注意深い検討や間取りの話し合いが必要になります。今回増税となると、住宅関係は契約から引渡しまでにある程度の期間が必要である事から経過措置が適用されます。本来であれば、引渡し日ベースで消費税率は変わりますから10月1日以降の引渡しであれば、消費税が10パーセントとなるのです。(消費税の増税が決定したらの話ですが)しかし、経過措置により2015年3月末までに契約すれば、10月1日以降の引渡しでも消費税率8パーセントの適用となります。ですから、消費税率8パーセントでの新築物件購入を考えてらっしゃる方は早めに計画、検討することをお勧めします。


Copyright(c) 2018 最近住みたいと考えている新築の一軒家 All Rights Reserved.